サスペンションパーツもカスタムできる

バイク

近年では、多くの男女がハーレーダビッドソンの魅力にとりつかれています。既製品に乗るという感覚ではなく自分で作り上げていく楽しさを味わうことができる点が人気の秘密となっているのです。さまざまなパーツが専門店などで手に入りますので、サスペンションやエンジン、シートやハンドルなどあらゆるものを独自のセンスで選んだ組み込むことが可能なのです。そのやり方も自由ですので、純粋な趣味としてハーレーダビッドソンを崇拝している人も少なくありません。

【ハーレー サスペンションはこちら】

走りも爽快で、見た目の格好良さも兼ね備えていますので、周りに見せて自慢している人も年々増えてきています。バイクに合わせて服装もワイルドにカッコよくコーディネートしている愛好家たちは、ツーリングにも積極的に出かけています。仲間同士での会話では、ハーレーの魅力について花を咲かせたり、思いきり満喫しています。

このように、バイク好きを夢中にさせる不思議な雰囲気がハーレーダビッドソンにはあるといえます。

ハーレーのパーツとネイキッドバイクについて

バイクエンジン

ハーレーダビッドソンは、アメリカンタイプのバイクです。どっしりと重厚感があり、足つきが良い形をしています。

ネイキッドバイクは、カウルがないオンロードバイクのことです。教習所でバイクの練習をする時には、だいたいネイキッドバイクで練習します。

ネイキッドタイプは、海外ではカウルレスと呼ばれていて、日本のバイクの基本形でもあります。少し前に傾いたランディングポジションとオールマイティーなエンジンを搭載しています。

ハーレーのような低速トルクと大排気量Vツインが特徴のバイクが好きな人もいれば、すっきりと軽いイメージのネイキッドタイプが好きな人もいます。

日本のバイクは、高性能なバイクが多いため、性能重視の人には人気が高いです。一方、重厚なビジュアル感や乗り心地、アメリカの伝統を重んじるバイクが好きな人はハーレーダビッドソンを選びます。ハーレーは、カスタムパーツが多く、自分のスタイルに合ったバイクを作ることができるのも、人気がある理由のひとつです。

ハーレーのツーリングまでにマフラー改造を完了させよう

バイク

ハーレー好きの中でも一番ポピュラーで真っ先にカスタムに取り掛かる人の多い部分といえば、「マフラー」です。カスタムは見た目・ファッション性重視な人たちが行う場合がほとんどですから、もっとも目立つ部分といっても過言ではないこの部分を真っ先に選択するのは当然と言えば当然のこと。

仲間たちと一緒にキャンプツーリングをするという場合、この部分をどれだけこだわってカスタムしているかによって、大勢の仲間たちが乗りこなすハーレーの中で自分のハーレーが目立つかどうかを左右します。

ハーレーのオーナーにとってはやはり大人数の中でこそ光り輝く愛車であってほしいと願うものですから、仲間たちとのキャンプツーリング前までにマフラーのカスタマイズはきちんと済ましておきたいところです。大きくて長いサイズのものに変更するだけでもその存在感は大きなものへと変化しますし、音がより大きく出るものに変更すれば沢山の人から注目されること間違いなしです。

ハーレー